弁護士紹介

Lawyers
代表弁護士  永 滋康(えい しげやす)
  • 慶應義塾高等学校、慶應義塾大学法学部法律学科 卒業
    平成18年 第二東京弁護士会登録(第59期)
    同年10月 田宮合同法律事務所入所
    平成25年1月 藤井・永 法律事務所 開設
    平成30年3月 永 総合法律事務所 開設

    【役職等】
    元桐蔭横浜大学法科大学院 客員教授
    日本民事訴訟法学会 会員
    司法アクセス学会 会員
    財団法人日本法律家協会 会員
    日本弁護士連合会 元代議員
    第二東京弁護士会 元常議員
    同元綱紀委員会 副委員長
    同倫理委員会 委員
    同消費者問題対策委員会 元副委員長兼医療部会部 会長
    司法修習委員会委員
    仲裁センター仲裁人候補者
    新規登録弁護士研修担任
    文部科学省再就職等問題調査班調査班員
    同省再就職コンプライアンスチームアドバイザリーメンバー
    同省幹部職員の事案等に関する調査・検証チームメンバー
    中小企業庁認定経営革新等支援機関
    医療問題弁護団 団員

【主著】
『Q&A建築瑕疵損害賠償の実務-損害項目と損害額の分析-』(共著 株式会社創耕社 2016年)
『Q&A株主総会の法律実務』(共著 新日本法規出版株式会社 加除式追補版執筆)
『困ったときのくらしの法律知識』(共著 清文社 2011年、改訂増補版 2015年)
『上司なら知っておきたい法律知識』(共著 株式会社財界研究所 2010年)
経済紙『財界』(株式会社財界研究所)に2006年から2012年まで連載
【講演】
一部上場会社等において危機管理セミナー、「債権の保全及び回収における実践的対応」に関するセミナー、特定商取引法に関する研修セミナーなど多数実施。
弁護士  菅野 正太(かんの しょうた)
宮城県仙台南高等学校 卒業
上智大学法学部法律学科 卒業
早稲田大学大学院法務研究科 卒業
平成29年 第二東京弁護士会登録(第70期)
平成30年1月 都内法律事務所入所
平成30年11月 永総合法律事務所 入所

【役職等】
第二東京弁護士会 仲裁センター委員
 

客員弁護士  今井 敬彌(いまい けいや)
京都大学法学部 卒業
昭和34年 東京弁護士会登録(第11期)
同年4月 黒田法律事務所入所
昭和42年 新潟県弁護士会に登録換、今井法律事務所 開設
昭和46年
~昭和61年 新潟県議会議員(3期)
昭和55年 新潟県弁護士会副会長
昭和56年 新潟県弁護士会常議員、同人権擁護委員会委員長
     日本弁護士連合会人権擁護委員会副委員長
昭和60年 新潟県議会公害対策特別委員長
昭和63年 新潟県弁護士会会長
日本弁護士連合会常務理事、関東弁護士連合会常務理事
平成元年 日本弁護士連合会法曹養成問題委員会委員
     新潟県弁護士会司法制度調査委員長
平成5年 日本弁護士連合会法曹養成問題委員会副委員長
平成6年 新潟地方裁判所調停委員、新潟家庭裁判所調停委員
平成7年 新潟市都市計画審議会委員
平成9年 新潟県弁護士会懲戒委員会委員長
平成12年 日本弁護士連合会憲法委員会委員
平成13年 東京弁護士会に登録換
平成30年12月 永 総合法律事務所 に客員弁護士として参画
【主な担当事件】
松川事件差し戻し後控訴審弁護人
帝銀偽証事件弁護人
加治川水害訴訟弁護団団長
福島潟農民事件弁護団団長
柏崎・苅羽原子力発電所原子炉設置許可処分取消訴訟弁護団団長
柏崎・苅羽原子力発電所運転差し止め請求事件
【編著書】
・『イギリス・フランス・ドイツの法曹養成』(日弁連欧州法曹養成制度調査団、日弁連発行 1994年)
・『法曹人口の基本視点』(成文堂 1997年)
・『私の松川事件』(日本評論社 1999年)
・『私の体験的日本弁護士論序説‐司法改革の王道を歩んで』(日本評論社 2007年)
ほか多数
※弁護士名をクリックで詳細をご覧いただけます。
〒100-0014
東京都千代田区永田町2丁目14番3号 東急不動産赤坂ビル7階
TEL:03-3519-3880 (代表)
FAX:03-3519-3881
受付時間:月〜金 9:00〜17:30
定休日:土・日・祝日